ウク日記

ウクレレ女子makanaの練習日記。

キヨシ小林 トワイライト・ウクレレ・ライブ

7月10日月曜日。
キヨシ師匠のワンコイン・ワンマンコンサートに行ってきました。 

f:id:makanas:20170712185445j:plain

新宿文化センターで何かを観るのは初めて。
都バスに乗って日清食品前で降りたら歩いてすぐでした。

f:id:makanas:20170712185824j:plain

電話でチケットを予約したので入り口で受け取って中へ。

f:id:makanas:20170712185836j:plain

綺麗なホール〜♪
開場10分過ぎくらいに着きましたがセンターの客席ゲット♪

下手(シモテ)から登場したキヨシ師匠。トコトコ歩いてきてマイクを通り過ぎるお茶目さん。
ゆるゆるとしたMCから3曲続けて「On the Sunny Side of the Street」「Tea for Two」「Brazil」。
Brazilは吹奏楽をやっていた方ならわかると思いますが中学・高校あたりでは定番の曲で(といっても私は演奏したことがないのですが)懐かしかったです。

4曲目は「she」!現在の私の課題曲ですがキヨシアレンジ素敵〜♪

6曲目の「 'O sole mio」は最後4弦の音をペグを回して低い音を出すというパフォーマンス?が初めてで「わを、すごい!」と思ってびっくりしました。誰でもよくやることなのかな?
曲が終わった後に「これやるとチューニング戻さなきゃいけないのが恥ずかしい」とおっしゃってましたが (´▽`) '`,、'`,、

7曲目「見上げてごらん夜の星を」は倍音がすごくきれいで聞き惚れました。倍音…すごいなぁ。

8曲目「LOVE」からは息子のナオさんが登場してデュオで。12曲目は逆にナオさんがリード。さすが親子、息ピッタリです。

ここまではスタンドマイクで音を拾うスタイルでしたが
13曲目(曲名わからず)だけは舞台ギリギリまで客席に寄って完全生音スタイル。
エレアコに少々アレルギーがある私は音を拾っててくれただけでもありがたいのに生音が聞けるなんて嬉しすぎて乙女のような眼差しになっていたと思います→こんな→✧(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)*॰ْ✧

14曲目、オリジナルの「三宅坂ジャンクション」は仕事でいつも通るという首都高の「あ、今日は空いてる」とか「渋滞してる」とかの様子を描いた曲だそうで演奏のあとパートの解説付きw

そして15曲目のラストを飾ったのは「レレの青い空」


『レレの青い空』 キヨシ小林 LIVE at 【Ukulele Jamboree 2013】

「レレちゃん」と名付けられたウクレレのうた。2005年には nhkみんなのうた で放送されたのだそうです。哀愁ある師匠の歌声とその歌詞にやられて思わずナミダしてしまいました。優しい気持ちになれましたよ〜。

アンコールは「君微笑めば」
もっと聞きたかったけどアンコール1回で終わってしまった。

全15曲+アンコール1曲の1時間ちょっと。それをウクレレ1本・ギター1本で通したキヨシ師匠。ウトウトしてる方もいらっしゃいましたがそれもまたウクレレのいいところだと思います。

何より力の入らない、ゆるゆるとしたウクレレ愛が伝わってきました。
なんて自然にウクレレを弾くのだろう、なんて空気のように音が出てくるのだろう。

師匠のようになるには何十年もかかるだろうけど
せめて力で弾くウクレレは卒業できるように頑張ろうと思いました。

 

ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします→にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ