読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウク日記

ウクレレ女子makanaの練習日記。

新しい相棒"Martin S1"

f:id:makanas:20160719225411j:plain

お待たせいたしました!(どなたか待っていてくださった???)
先週の土曜日に
先週の木曜日に一目惚れした
Martin S1 UKE 
ゲットいたしました!

ひゃっほぅ〜*॰ْ✧ً⋆。˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。˚*ْ✧ं॰*

S1はソプラノサイズ、メキシコ生産でオールマホガニー単板、17フレット仕様、2011年モデル。
上位モデルはアメリカ生産でハワイアンコアですが、本国ではソプラノの需要はないらしく廃盤になりました、とのこと。
S1を購入した山野楽器ロックイン新宿には上位モデルがまだ1台ありましたヨ。価格はたしか17万円ちょっと。

私の弾いた限りでは違いがわからず…というか現在の私は10万円を超える楽器を弾くとピンと来ないようでして、5万円半ばで買えるS1は今の私にピッタリ・しっくりという感じでした。

あと前回カマカ100周年モデルのパイナップルを弾かせてもらったので、買いに行ったときは普通シェイプのモデルを弾かせてもらったら、私的には普通シェイプの方が好みでした。音が全然ちがうのね。

100周年といえば、Martinも1916年にウクレレ初生産と書いてあるので100周年じゃないのぉ〜。888。もっとアピールすればいいのに。

f:id:makanas:20160719225417j:plain

Martin&Co.の刺繍入りのソフトケース付き❤︎
ネック部分をマジックテープで留めるのですが、テープをはがすときに弦が鳴るのでクロスを巻いてます。

f:id:makanas:20160720005006j:image

ついでに新しくしちゃったヨ♪ swiffのブルドックチューナー
でもケースに収まりきらず顔がでてますw 色がぴったりだし。

f:id:makanas:20160719225424j:plain

この1年間大変お世話になりました、右のmeleウクレレ(コンサート)と比較。
ボディはさすがにソプラノvsコンサートですが、ネックはMartinが12フレットジョイントの17フレット、meleは12フレットジョイントで12フレット。 meleみじかっw

ネックの握り具合は、そんなに違いは感じませんがセーハしやすいのでちょっと細いのかも?フレット間隔が狭いのでストレッチは楽です。今まで小指じゃないと届かなかったところが薬指で届いてます。

でもボディの感じとかネックの根本というか?ココなんて言うのでしょう?ネックのボディ側の端が{ ←こんな形 になってるところとか、そっくり♪

音は前にも書きましたがコロコロ鳴るのがかわいくってトリコです❤︎
あと今回のポイントの1弦14フレットが、恐ろしくいい響きです。

いつか山野楽器で弾いたeastmanみたいにピカピカボディーのやつがよかったんだけどなぁ。見た目と弾き心地と音と、完璧に好みを見つけるには作るしかないですねw

ソプラノのいいところは、大きめのバッグにソフトケースごと入れて外出できること。
実際渋谷のハワイイベントも昨日のレッスンも、年末年始のハワイ旅行で買ってきたホールフーズのエコバッグに楽譜と楽器と身の回りのものを入れてカバンひとつで出かけられました。とても身軽で良いです♪

ただ、先生に相談したら飛行機に乗せるにはやはりハードケースじゃないと危ないとのことなのでそのうちハードケースも買わなくちゃなぁ…渡ハ予定はありませんけど(泣

セミハードケースじゃダメですか?って聞いたらダメダメ〜って〜(・ε・`)
クロスロック、良かったのですが重いんだよね。コンサートだったってのもあるけど。
前回のように急ぎじゃないので、これは気長に探そうと思います。

ま、ハワイならmeleをお里帰りさせなきゃいけないしな。ハワイ以外にウクレレを持っていくことはまずないだろうしな。 

もともとマウイ・ミュージックにとらわれて急に盛り上がって買って(もらって←来月誕生日なので☆プレプレゼントw)しまったウクレレですが、
マウイ・ミュージックはいつかまたハワイに行けたときに、お小遣いがたまってたら、そして腕が上がって10万以上でも弾けるようになったら、ぷあぷあさんで購入したいと思います。夢ですな。

かといってmeleをもう弾かないわけではなく、もとの所有者の父に相談ですが弦を張り替えて音の違いを実験してみたいなと思ってます。やっぱり最初に触ったウクレレですもの、大事なmakanaです❤︎

 

ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします→にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ